能登七尾市名物 梅屋の「豆あめ」

能登七尾には、古くから名物として大豆飴と言われるお菓子があります。
「豆あめ」として、たいへん庶民的な味として親しまれ愛好されて来ました。
「豆あめ」は、その名のごとく大豆粉、砂糖、水飴などの良品を原料として栄養価値が非常に高いお菓子です。
能登七尾市名物 梅屋の「まめ飴」
古老の伝えるところによると、応永年間以来の歴史を持ち、当時はまだ水田が少なく穀物としての大豆の生産が盛んだったこと、時の城主 畠山義忠公の下で歌道や茶道が盛んに行われたこと、さらには戦時食料としても用いられたようです。
その後、「豆あめ」は時代の遷り変わりとともに、技術の研究、品質の改良を積み重ね今日七尾を代表する郷土のお土産品として親しまれています。

This entry was posted in 梅屋の豆あめ. Bookmark the permalink.