梅屋の和菓子は...

「豆あめ」は、古くから能登七尾の庶民の味として親しまれて来ました。
古老の伝えるところによると、応永年間以来の歴史をもち、時の城主・畠山義忠が好んでいた公歌道茶道に、戦時食料にと用いていたのが現在の「豆あめ」だと言われています。
材料は、きなこ、水飴とシンプルですが、地元産の素材にこだわった一品です。
昭和61年、皇太子殿下(当時 浩宮様)が能登へお越しになった際、皇室へのお土産としてご購入されたとか。
古の時代からある懐かしい味をどうぞお召し上がりください。

豆あめ
This entry was posted in 梅屋の和菓子. Bookmark the permalink.